2024.2.3 節分☆練習(2年生)

2024年(令和6年)2月3日(土) 節分 @北羽鳥グラウンド 9:00-12:00

清々しい冬晴れの空のもと、寒さに負けずに練習を頑張ります!

今日は節分!ということで、練習後、新聞紙をくしゃくしゃに丸めて豆ボールを作り、鬼のお面を付けたコーチをみんなで追いかけました。

鬼を追いかけることに夢中になりすぎて、子供たちは「鬼はそと!」の掛け声を完璧に忘れていましたが、優しいコーチ鬼は、子供たちをおんぶしたり、こちょこちょしたり、子供たちを沢山楽しませてくれました。あんなに走れる鬼は中村コーチしかいません!鬼役ありがとうございました。感謝です!

後片付けをしっかりして、終了。本日もありがとうございました!

 2014.1.13 キッズコミット参加

2024年(令和6年)1月13日(土)キッズコミット @重兵衛スポーツフィールド中台 9:00-12:00

約9か月ぶりのキッズコミット!低学年でしか経験できない貴重な機会!これも今年最後です。

まずは、幼児、1年生、2年生全員そろって準備体操☆「前・後ろ・右・左」ジャンプや、恒例の「鬼ごっこ」!?で少し緊張気味の気持ちと体をほぐします。

そのあとは、各チームの選手がランダムに分かれ、色々なチームの選手たちと組み、試合形式でサッカーを楽しみます!

閉会式では、「10点取ったことが嬉しかった!」「たくさんのお友達とサッカーできて楽しかった!」という子供たちの声が聞こえ、沢山の笑顔を見ているこちらもほっこりとした気持ちになりました。

このキッズコミットという取り組みを通し、サッカーはひとつのボールがあれば世界中どこへ行っても楽しめるスポーツであるということを改めて感じました。今後、子供たちが成長していくにつれ、競技としてのサッカーに挑戦していく姿を見守ることが増えるかと思いますが、親も子も「楽しい!」サッカーを忘れることなく成長していけたらと思います。

主催の皆様、参加者の皆様、一緒にサッカーを楽しんでくださり、ありがとうございました!

☆令和6年初蹴り☆(2年生)

2024年(令和6年)1月8日(月) 新年!初蹴り! @北羽鳥総合グラウンド 9:30-12:30

冬休み最後、待ちに待った初蹴りの日です!年に一度、FCボレイロ成田に所属する選手、コーチ、スタッフが揃い賑やかな初蹴りとなりました。

鳥海代表、渡辺総監督(源蔵コーチ)やヘッドコーチからのお言葉をしっかりと聞き、今年も良いスタートができるよう頑張ります。

2年生から6年生までの子供たちが集まることは1年に1、2回の特別な機会なので、みんな大興奮です!

本当に子供たちのこの笑顔が未来への希望です!サッカーを通じて世界が平和になりますように☆

約2週間ぶりの再会にはしゃぎまくる2年生☆しっかりと準備運動をしてから3年生やコーチ、保護者たちと初蹴りオリジナルルールでの試合を楽しみました。

*2024年も皆様どうぞよろしくお願いします!*

 2年生蹴り納め☆親子サッカー&クリスマスレク☆

2023年(令和5年)12月24日(日) @吾妻小⇒赤坂ふれあいセンター 9:00-13:00

今日は、楽しい♪クリスマス☆ということで、本日は「親子サッカー」のあと「クリスマス会」でした。


冬休みに入り連日寒い日が続きますが、寒空の下でもボレイロっ子は元気に走り回ります!コーチもお父さんお母さんも、お姉ちゃんお兄ちゃんにちびっこ達も参戦して、みんなで笑いあり大爆笑あり!の楽しいひと時を過ごしました。

これで今年も蹴り納めです。皆さん、1年間お疲れさまでした!また来年も元気いっぱいの姿で一緒に練習できるのを楽しみにしています。どうぞ、良いお年をお迎えください☆

クリスマス会の準備に携わってくださった皆様!チームボレイロのためにお忙しい中、ありがとうございました!皆様のたっぷりの愛情とご協力に感謝いたします。

Special Thanks to All☆We wish you very best for the New year!!

 ☆ライズカップ4位入賞☆

2023年(令和5年)12月10日(日) ライズカップ @旭市 終日

参加チーム数が限られていたため、通常練習組と大会出場組に分かれて大会に臨みました。

初めての旭遠征、練習しているみんなの応援を感じながら、ボレイロ2年生の気合いで予選を全力で戦いました。

途中、休憩で潮風に当たりリフレッシュしつつ、予選リーグ3位通過、決勝トーナメントでは東庄SSSに惜敗。メダル獲得はならずでしたが、良い経験になりました。

なんと、この大会で中村コーチがベストコーチ賞を受賞されました!おめでとうございます!

終日お付き合いくださったコーチ、保護者の皆様、寒い中、温かい差し入れに応援、ありがとうございました。

今回の経験を経て、みなでさらに切磋琢磨して、個々の能力を鍛えるだけでなく、チーム全体の意識向上に取り組めたらと思います。